無垢テーブル・無垢家具でやすらぎある暮らしをはじめよう ソリウッド・プロダクツ株式会社

facebookアイコン twitterアイコン instagramアイコン pinterestアイコン
無垢テーブル・無垢オーダー家具のソリウッド・プロダクツ
電話番号0422-21-8487メールアドレスinfo@soliwood-crafis.com

↑次回講座は7月8日のオイル仕上げテーブルメンテナンス講座になります。

幕板のないテーブルにするための工夫【N0.2142】

----------------------------


年末年始の営業について


吉祥寺ショップは年内は27(水)までの営業になります。26日と27日は火・水曜日ですがこの期間のみ営業します。28日〜1月4日(木)までをお休みとさせて頂きます。


相模湖工房は、28(木)〜1月5日(金)までをお休みとさせて頂きます。


何卒よろしくお願い致します。


-----------------------------


「幕板のないテーブルを探していて、ネットでここのテーブルを見つけました」と吉祥寺ショップでコメント頂くお客様がいらっしゃいます。ソリウッドで製作する無垢テーブルは幕板がないのが特徴の1つです。幕板は普段はあまり聞かない単語です。幕板とは一体何でしょう。辞書で調べると「横に長く張った板。机の甲板の下に幕のように張った板など」と解説があります。テーブルなどで天板の下、脚と脚との間にはってある板を見掛けたことがあると思います。あれが幕板です。


20171224 2

幕板にはいくつかの役割があります。主なものは、天板と脚を固定する・テーブルに強度をもたせる・無垢板の場合、反り止めに使うといった感じになります。少し解説すると、最近では天板と脚の固定に金具を使うことが増えてきて1の機能は少なくなってきたかもしれませんが、幕板の下にネジを入れる穴をあけ、そこから天板と脚を固定するということも幕板があれば出来ます。2の強度については特に天板が無垢材の場合にいえますが、脚が細いと天板の重みを支えきれず横方法に揺れる可能性が高くなります。そのため、脚と脚の間に補強の意味で幕板をつけるという方法があります。3つめの反り対策に幕板を使うということですが、無垢材の板は環境の変化で板が伸縮します。これは自然素材ならではのことで伸縮自体をコントロールすることは難しいです。その伸縮の際に、板の中の均整が崩れ、反りにつながることがあります。そこで幕板で下を抑えることで反りを防ぐといったやり方があります。機能的には必要な要素ではありますが、幕板が入ることで不都合なことも生じます。それは天板の下のスペースが十分ではないことに寄るものです。主には以下の2つです。


1. 椅子に座って足を組めない

天板の下に幕板があると座るときに背の高い方だと足をいれずれかったり、足を組むことが出来ないというデメリットが生じます。頻繁に足を組むという方には、使いづらいデザインとなります。


2. 肘掛けの椅子が天板下に納められない

椅子によっては肘掛けがついている椅子もあります。この肘掛けが椅子の前脚付近まできているものだと、幕板にひっかかり椅子が天板の下に納めることが出来ます。この状態でも使用に問題はありませんが、スペース的には椅子の奥行き分丸々そのスペースが必要になりますので、テーブル周りの動線にも影響がでてきます。


標準的なテーブルの高さとしてテーブル高70cmで製作をすることが多いですが、天板が3cmの場合、床から天板の下まで67cmが確保出来ます。67cmあれば肘掛けが大部分納めることが出来ます。


20171224 1

こちらの写真はISU-WORKSの今年の新作であるYACチェアをソリウッドの丸テーブルに納めた様子です。スッポリと納めることができ、これであればスペース的にも問題がでることはなさそうです。


以上のような幕板をつけることのデメリットがあり、ソリウッドでは幕板をつけないテーブルを目指そうという動きがあり、工夫をすることで幕板なしの無垢材テーブルを実現させています。


1つ目の工夫はテーブルの脚をそれぞれ金属製のプレート使って取り付けるようにしています。さらに最も重要である反り止めについては、金属製の反り止めを天板の裏に埋め込むことでわざわざ幕板をつけなく済むようにしています。こうすることで幕板がなくても丈夫で長く使えるテーブルになります。


テーブルの幕板は機能面のほかに、意匠的にあえてつけているという場合もあります。天板の裏の反り止めなどを外からみえにくくするといった理由も1つあります。ソリウッドでは定番としている4つの脚のデザインがありますが、そのうちの1つは短辺だけ幕板がついています。これは先述したように、脚が少し細いのでテーブルの揺れに対する対策とデザイン面で幕板の採用をしています。もちろん、これまで書いてきたようなデメリットもありますが、お誕生日席を毎日使うわけではないといった状態でしたら、デメリットもそこまでありません。短辺だけですので、椅子を置く長辺には影響がでないので。


賢木@吉祥寺

現品販売するウォールナットの耳つき3枚はぎテーブル。【No.2141】

Soliwoodとは

Soliwoodは、無垢の木にこだわり家具作りを行う家具工房です。
オリジナルの家具を神奈川県相模湖工房で製作し、吉祥寺ショールームで販売を行っています。

ソリウッドWebサイト :  http://www.soliwood.com/

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

瑞木(ミズキ)@相模湖

相模湖工房で材の仕入れや板の在庫管理を主に担当しています。

賢木(マサキ)@吉祥寺

吉祥寺ショールームでお客様への説明・オーダー家具の相談を承っています。 木の家具のことならどんなことでもお気軽にご相談ください。


Facebook

Twitter

google+

Pinterest

Instagram

Instagram