無垢テーブル・無垢家具でやすらぎある暮らしをはじめよう ソリウッド・プロダクツ株式会社

facebookアイコン twitterアイコン instagramアイコン pinterestアイコン
無垢テーブル・無垢オーダー家具のソリウッド・プロダクツ
電話番号0422-21-8487メールアドレスinfo@soliwood-crafis.com

↑次回講座は12月10日の無垢材テーブル選び方講座になります。

2017年、受注件数の多かった椅子の樹種はこれだ! その2。【No.2123】

昨日のブログでは2017年に受注を受けた椅子の中でどの樹種が多かったかを書きました。今日はその続きです。2017年に受注した椅子の中で一番多かった樹種はウォールナット材でした。二番目に多かったのがチェリー材。ですか、その差はわずか1件。もしかしたら集計漏れがあるかもしれないので同率が逆転している可能性もゼロではありません。ほとんど差はないですね。ただし、椅子の受注数はウォールナット材が確実に一番多いです。ウォールナット材の椅子はまとめた脚数の注文が2件あったので。

171205_1.jpg
受注件数が2番目に多かったのはチェリー材の椅子です。こちらは納品時に撮影したチェリー材のMAYチェアです。チェリー材は完成当初はこのようなオレンジ色をしています。でも、時間が経つにつれて色がどんどんと濃くなります。最終的には艶のある濃い茶色になります。木は経年によって色が変化します。でも、変化の仕方は木によって違います。明るい色をした木は時間が経つと黄色っぽくなります。でもだんだんと変化するのてそれほど変化した感はないかと思います。でもチェリー材はかなり変化するのが特徴です。

このMAYチェアは私が購入したもので自宅で使用しています。購入してらか1年半が経過した時に撮影したのが下の写真です。撮影条件の違いはありますが、色がかなり濃くなったのが分かると思います。

171205_2.jpg
渋い感じになっていますね。チェリー材の場合は完成当初は結構明るい色で空間に馴染んでいる感じがあまりしませんが、時間が経てば空間に馴染む熟成した感じの色になります。

本体の色が劇的な変化をするのでファブリック選びは少し難しいですが、どんな色にもあうと思います。注文いただいているのは黒っぽい色のファブリックが多いですが、緑や赤系のファブリックを合わせても問題なさそうです。

171205_3.jpg
こちらは宮崎椅子製作所のribチェアです。ピンクっぽい色の布座面と合わせています。

171205_4.jpg
緑、青系のファブリックと合わせるとこんな感じになります。

チェリー材についで注文件数が多かったのがナラ材の椅子です。ナラ材はオーソドックスな色をしていて、どんなインテリアにも合います。広葉樹の無垢材フローリングの場合、オーク材が使われるケースが多いと思います。ナラ材を英語にするとオーク材なので、同じ仲間の木になります。厳密にいうとどの辺に生えていたのかによって違いますが、見た目の感じはほぼ同じです。フローリングがオーク材の場合はナラ材をテーブルや椅子を選べば統一感のあるインテリアになるはずです。

171205_5.jpg
ナラ材のMAGチェアです。ナラ材は近くでよく見ると結構荒々しい木目をしていますが、遠目で見ると落ち着いた雰囲気のある木目に見えます。全体的にあまり主張の強い木ではないので、シンプルなインテリアにマッチしますね。

171205_6.jpg
宮崎椅子製作所のナラ材PePeチェアHOLLY 1 PLAIN-02というグレーの布生地の組み合わせ。

171205_7.jpg
発色の綺麗なグレー色が映えます。ナラ材は色の主張が少ないのでファブリックを目立たせたい方にはうってつけの木材だと思います。ちなみにこのHOLLY 1 PLAINシリーズのファブリックは宮崎椅子製作所の椅子でしか選択できませんが、とても人気のあるファブリックです。楕円ドットが可愛らしいですよね。近くで見ると派手な印象ですが、座面に張って遠くから見ると意外と派手ではなくしっくりくる感じがします。生地に厚みもあって耐久性も悪くなさそうです。

第4位はメープル材です。メープル材を選べる椅子は少し絞られます。メープル材は白っぽい色をしています。経年による色変化でだんだんと黄色っぽく変化します。白からクリーム色への変化といった感じです。

171205_8.jpg
メープル材のMEGチェアです。遠目で見るとナラ材とそれほど違いは感じないかもしれませんが、実際に近くで見ると全然違います。メープル材は導管が狭く、木目がはっきり現れません。なので、ツルッとしています。ナラ材は導管が太くよく見ると導管の断面で凸凹しているのがわかります。なので、メープル材とは見た目も触り心地も違っています。メープル材も色を基調としたインテリアにマッチする木材です。見た目であまり木が主張しない方がいいなと考えている方はメープル材を選択するのが良いかもしれません。見た目もツルッとしていて、木目らいし木目がはっきりとは現れず、ぼやったしたマイルドな木目になります。

以上、2017年に受注した椅子の樹種を受注件数が多い順に紹介しました。

瑞木@相模湖


2017年、受注件数の多かった椅子の樹種はこれだ! その1。【No.2122】

Soliwoodとは

Soliwoodは、無垢の木にこだわり家具作りを行う家具工房です。
オリジナルの家具を神奈川県相模湖工房で製作し、吉祥寺ショールームで販売を行っています。

ソリウッドWebサイト :  http://www.soliwood.com/

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

瑞木(ミズキ)@相模湖

相模湖工房で材の仕入れや板の在庫管理を主に担当しています。

賢木(マサキ)@吉祥寺

吉祥寺ショールームでお客様への説明・オーダー家具の相談を承っています。 木の家具のことならどんなことでもお気軽にご相談ください。


Facebook

Twitter

google+

Pinterest

Instagram

Instagram