無垢テーブル・無垢家具でやすらぎある暮らしをはじめよう ソリウッド・プロダクツ株式会社

facebookアイコン twitterアイコン instagramアイコン pinterestアイコン
無垢テーブル・無垢オーダー家具のソリウッド・プロダクツ
電話番号0422-21-8487メールアドレスinfo@soliwood-crafis.com

↑次回講座は12月10日の無垢材テーブル選び方講座になります。

テーブル天板を綺麗にするメンテナンスの鍵はサンドペーパーの掛け方。【No.2116】

昨日のブログで代替え用テーブルのメンテナンスをした話を書きました。今日はその続きです。オイル仕上げのテーブルは使用しているうちにオイル成分が抜けてしまい、カサカサした状態になってしまいます。その状態で使い続けるとシミや汚れが付きやすくなってしまいます。綺麗に保つためには定期的にオイルを足してあげる必要があります。ざっくり言ってしまえば、革製品のメンテナンスに似ています。革製品も専用のクリームなどで油分を補うメンテナンスをしますよね。そのようなイメージを持っていただければ分かりやすいと思います。

まだ昨日のブログを読んでいない方は先にそちらを読んだ方が理解が進むはずですのでぜひどうぞ。

オイル仕上げのテーブルメンテナンスをしてみました。【No.2115】

オイル仕上げのテーブルメンテナンスをオイルを塗ってあげることがメインになります。ただ上からオイルを塗り足すのでもある程度の効果があります。でもそれだけでは付いてしまっているシミやキズが目立たなくなることはありません。オイルを塗る前にサンドペーパーで磨くとある程度のシミやキズは消えるか目立たなくなります。今日はこのサンドペーパーで磨く工程を紹介します。

大前提としてシミやキズが全く消えてなくなるというのは難しいと思ってください。確かに無垢材テーブルはサンディングや鉋掛けをして表面を削ればシミやキズが消えてなくなります。でも深いシミやキズはなかなか消えません。深いシミやキズを完全に消すまでサンディングや鉋掛けをするのには相当な覚悟を決めて行わなければいけません。なので、ご家庭でのメンテナンスでそこまでをやるのは難しいです。技術や道具、作業場所(粉塵まみれになっても平気なスペース)が必要になります。ご家庭でメンテナンスをする際には「キズやシミが目立たなくなればいいね」ぐらいの気持ちで行うことが大切です。

現に今回私が工房で行ったメンテナンスでは化学反応によって出来た黒いシミは消えていません。もちろん消そうと思えば消せますが今回はご家庭で出来るメンテナンスということでそこまでやっていません。

黒いシミを消すには#120程度の粗いサンドペーパーを使わないといけませんがそこの部分だけ掛けると艶や色が変わってしまい逆に目立つなんてことにもなります。完全に消すために手掛けではなくサンダーなどの電動工具を使ってサンディングする必要があります。

171128_2.jpg
お客様からシミを消して欲しいとの依頼があったテーブルです。ここまでハッキリと付いてしまうとお客様の所で作業して消すのは無理なので工房に引き取り作業しました。

粗いサンドペーパーをつけたサンダーで削ってシミを落としました。
171128_3.jpg
サンディングをしてオイルを塗り直した状態がこちらです。黒いシミは完全に消えています。なのでやろうと思えばここまですることも可能ではあります。でも引き取って工房での作業になってしまうので、運賃などを含めると結構な費用が掛かってしまいます。

さて実際のペーパー掛けの手順に入ります。

使用するサンドペーパーは#240と#320。まずは#240で研磨します。コツは満遍なくペーパー掛けをすることでキズやシミが落ちないからといってそこだけをゴシゴシ磨くと色や艶がそこだけ変わってしまうので注意が必要です。サンドペーパーを手に持って磨くのでもいいですが、効率よくサンディングするには少し柔らかいものにつけてした方がいいです。工房では木片にミラマットという梱包材を貼り付けたものを使ってサンディングしています。ホームセンターに行くと手で持って使うサンディングパッドが売られているのでそれを使うのもいいでしょう。

171128_4.jpg
手作りのサンディングパッドにサンドペーパーを貼っている様子です。少し高いですが、サンドペーパーの裏に糊がついているのが売られています。それを使うとサンディングパッドに簡単に貼り付けられます。

171128_5.jpg
サンディングは必ず木目に沿って行ってください。木目に直交する方向にペーパー掛けをするとキズになってしまいます。一度ついたキズはなかなか消すのが大変なので、ペーパー掛けする方向はくれぐれも気をつけてください。上の写真では矢印の方向にサンドペーパーを動かすます。

サンディングをするとすぐにサンドペーパーが目詰まりします。これはテーブル天板上の油汚れが主な原因になります。目詰まりしたペーパーは研磨機能が落ちますので交換します。

171128_6.jpg
楕円状の茶色の膜のようなものがペーパーに付着してしまいます。こうなると研磨できませんのでペーパーを交換します。油よごれがひどい場合はすぐにペーパーが目詰まりするのですぐペーパーを交換することになります。勿体無く感じると思いますが、目詰まりしたペーパーはすぐに交換した方がいいです。

171128_7.jpg
実際にW1500×D850のテーブル天板の表面に使用した#240のサンドペーパーです。この大きさを掛けるのに10枚のペーパーを使いました。目詰まりした状態で使用すると逆にキズになることもありますので注意してください。

#240で全体を研磨したら次に#320のペーパーで同じように全体を研磨します。サンディングの基本は粗い番手から順に細かい番手にするということです。段階を踏んで徐々に細かい番手にしていきます。オイル仕上げの家具の場合は#320まで掛ければ十分です。もし、深いキズを消したいなら粗い#120からはじめて、#180(なくてもいい)→#240→#320とサンディングしていきます。

またまた結構な長さになったので続きはまた今度書くことにします。

瑞木@相模湖

オイル仕上げのテーブルメンテナンスをしてみました。【No.2115】

Soliwoodとは

Soliwoodは、無垢の木にこだわり家具作りを行う家具工房です。
オリジナルの家具を神奈川県相模湖工房で製作し、吉祥寺ショールームで販売を行っています。

ソリウッドWebサイト :  http://www.soliwood.com/

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

瑞木(ミズキ)@相模湖

相模湖工房で材の仕入れや板の在庫管理を主に担当しています。

賢木(マサキ)@吉祥寺

吉祥寺ショールームでお客様への説明・オーダー家具の相談を承っています。 木の家具のことならどんなことでもお気軽にご相談ください。


Facebook

Twitter

google+

Pinterest

Instagram

Instagram