無垢テーブル・無垢家具でやすらぎある暮らしをはじめよう ソリウッド・プロダクツ株式会社

facebookアイコン twitterアイコン instagramアイコン pinterestアイコン
無垢テーブル・無垢オーダー家具のソリウッド・プロダクツ
電話番号0422-21-8487メールアドレスinfo@soliwood-crafis.com

↑次回講座は10月29日の無垢材テーブル選び方講座になります。

無垢材で作るオーダー制作の棚。【No.2039】

オーダー製作をしたタモ材本棚を納品しました。納品業者さんで納品する予定でしたが、ちょっとした手違いがあり急遽我々スタッフで納品することになりました。あいにくの天気で雨の中の納品になってしまいましたが、なんとか無事に納品することができました。

170912_1.jpg
本日納品したのがこちらの本棚です。サイズはW1200×D300×H700mmで板厚は全て22mmとなっています。背板は無くて、左側が固定棚、右側が稼働棚になっています。本棚などの棚の場合、棚板は固定棚と可動棚の2種類あります。その名の通りですが、固定棚は側板(縦の板)に接着されていますので、棚を動かすことはできません。一方の可動棚は側板(縦の板)に棚ダボを埋め込む穴を開けてあるので、棚ダボを動かせば棚の位置を上下に動かすことができます。今回はダボ穴センターとダボ穴センターの間隔が20mmにしてあります。今回のように20mmピッチにするか30mmピッチにすることが多いですが、ピッチの間隔もお客様のご要望に応えることができます。

可動棚は便利そうに思いますが、一度モノを入れてしまったら棚の位置を変えることはほとんどないように思います。人それぞれの性格にも寄ると思いますが私は面倒くさがりなので、モノをどかして棚板の高さを変えることはしないです。少なくとも今までに何度か可動式の棚を使っていますが、棚の位置を変えた記憶がありません。住宅を建てる時やマンションなどの造り付けの棚の場合はどんな物を入れる分からないので可動棚にしておいた方が良いと思います。しかし、ここに何を入れるかがある程度分かっている場合は固定棚にした方がスッキリすると思います。棚板の数が多い棚で全て可動棚にすると、棚ダボ穴がたくさん開くことになります。モノを入れてしまえばそれほど目立ちませんが、やはりダボ穴がない方がスッキリと見えてカッコいいです。

ソリウッドでオーダー製作する棚の多くはすでに使っているお家に置くための棚です。造り付けの棚(新築時やリフォーム時に作る建物と一体となった棚)はほとんどありません。大きな壁面収納の場合は壁に固定することもありますが、それも家が完成した後に納品して固定しています。なので、オーダーするお客様も棚に入れるものがある程度分かっています。入れるのが本なのか、CDなのか、レコードなのかを事前に決めておくと使い勝手の良い棚になるはずです。本棚の場合も下の棚には大きめの本、文庫本や新書は上の方と決めれば棚板の間隔も決まってきますので固定棚で製作することができます。使い勝手の良い収納にする場合には何も入れるかを予め決めておいた方がよいです。

決まった大きさのモノをたくさん入れる場合は背側にストッパーを入れると良いです。ストッパーがあると前面をキチっと揃えることができます。
170912_2.jpg
こちらがストッパーです。棚板の奥にこのような突起をつけます。ストッパーの大きさは厚み10mm、高さ20mmになります。棚板の厚みが20mm前後のものだとこのぐらいのサイズで十分です。ストッパーは固定棚と可動棚のどちらでもつけることができます。ストッパーも無垢材を使用します。本体や棚板と同じ材で作るので、違和感は全くありません。

棚を設置する際に事前に確認しておくべきことがあります。それはコンセントの位置です。部屋の壁に沿って棚を設置するケースが多いですが、設置したい場所にコンセントがあることがよくあります。特に側板(縦の板)に重なってしまうような場合は彫り込みを入れたりしてコンセントをかわす必要があります。また背板をつける場合はコンセントの位置に合わせて背板を切り抜くようにします。

もう一つ考慮することは巾木です。巾木は壁の下の方についている木や樹脂製のものです。床と壁の間に隙間が空いていたりするのを隠すためにつけられているのが巾木です。巾木には色々と種類がありますが、厚みのある巾木がある場合は、設置すると奥の壁と棚板との間に中途半端な隙間が空いてしまいます。棚板をなるべく壁にぴったりと付けたいなら、巾木が当たる部分に切れ込みを入れて巾木回避すれば、壁に近づけることができます。(それでも壁が必ずしも垂直に立っている訳ではないので多少の隙間は空いてしまいます。)

ここにこんな棚が欲しいという要望がある方はぜひソリウッドの吉祥寺ショップにてご相談ください。もちろん、メールなどでのお問い合わせでも構いません。

瑞木@相模湖

現品販売中の耳つきテーブルでお宅のダイニング空間を演出してみませんか?【No.2038】

Soliwoodとは

Soliwoodは、無垢の木にこだわり家具作りを行う家具工房です。
オリジナルの家具を神奈川県相模湖工房で製作し、吉祥寺ショールームで販売を行っています。

ソリウッドWebサイト :  http://www.soliwood.com/

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

瑞木(ミズキ)@相模湖

相模湖工房で材の仕入れや板の在庫管理を主に担当しています。

賢木(マサキ)@吉祥寺

吉祥寺ショールームでお客様への説明・オーダー家具の相談を承っています。 木の家具のことならどんなことでもお気軽にご相談ください。


Facebook

Twitter

google+

Pinterest

Instagram

Instagram