無垢テーブル・無垢家具でやすらぎある暮らしをはじめよう ソリウッド・プロダクツ株式会社

facebookアイコン twitterアイコン instagramアイコン pinterestアイコン
無垢テーブル・無垢オーダー家具のソリウッド・プロダクツ
電話番号0422-21-8487メールアドレスinfo@soliwood-crafis.com

↑次回講座は10月29日の無垢材テーブル選び方講座になります。

発送したカバ材の耳つきテーブル、こんな感じの木目に仕上がりました。【No.1905】

いつの間にかGWに突入していました。29日には新宿のリビングデザインセンターOZONEにある「にっぽんフォルム」さんで行われた高橋三太郎さんのトークイベントに参加してきました。ISU-WORKSの椅子をデザインしている高橋三太郎さんからどのようにしてISU-WORKSの椅子が誕生したかを聞くことができました。夜には関係者を交えた懇親会的なものにも招待してもらってとても貴重な体験ができました。その時の話はまたこのブログで話題にしようと思っています。「にっぽんフォルム」さんでは6月13日までISU-WORKSの椅子がフルラインナップで展示されています。ソリウッドでもISU-WORKSの椅子はフルラインナップで展示していますが、最新作のYACチェアはまだ展示していません。いちはやくYACチェアを試したい方はOZONEの「にっぽんフォルム」さんに行けば試すことができますよ。

ISU-WORKSさんのInstagramにも展示会の様子がアップされていました。

GWの間にお届けする品は本日に発送しました。その中にはカバ材の耳つき2枚はぎテーブルがありました。こちらの天板は吉祥寺ショールームに粗削り状態で展示していました。乾燥が終了した耳つきテーブル用の板は木取りをして粗削りをして吉祥寺ショールームに展示しています。
170501_3.jpg
展示する前に写真を撮って合成写真をWebサイトに掲載しています。今回発送したカバ材の耳つきテーブル天板の粗削り状態の写真はこちらでした。吉祥寺ショールームに展示してあった時はまだ2枚の板ははぎ合わせていません。お客様からのオーダーがあってから2枚の板をはぎ合わせて仕上げをしました。

170501_1.jpg
こちらが仕上げをした状態の写真です。オイル塗装をすると木目がクッキリと浮かび上がります。カバ材特有の繊細な表情をした木目とワイルド感満載の波状の模様が混じり合うキレイな天板に仕上がりました。

170501_2.jpg
大径木のカバ材を製材した板にはこのような波状の模様が現れることが多いです。カバ材はそれほど大きく成長する木ではなく、1枚板テーブルが製作できるような幅の板はほとんど流通していません。幅が500mm程度の板なら材木市場で見かけることがあります。そのぐらいの幅の板にもこうした模様が出ることがあります。

カバノキ科の木はたくさん種類があります。家具に使用されるカバノキは、ウダイカンバやダケカンバという樹種です。これらのカバ類は硬さも粘りもあって家具用材としてはとても優秀です。仕上げるとツルツルとした心地よい質感を得ることができます。

吉祥寺ショールームには現在カバ材の3枚はぎテーブル用の板が展示してあります。
170501_4.jpg
W1600×D850~900程度のテーブル天板ができる板です。気になる方は吉祥寺ショールームまでお問い合わせください。

瑞木@相模湖

pepeチェアの背布張りタイプの個人的感想を【No.1904】

Soliwoodとは

Soliwoodは、無垢の木にこだわり家具作りを行う家具工房です。
オリジナルの家具を神奈川県相模湖工房で製作し、吉祥寺ショールームで販売を行っています。

ソリウッドWebサイト :  http://www.soliwood.com/

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

瑞木(ミズキ)@相模湖

相模湖工房で材の仕入れや板の在庫管理を主に担当しています。

賢木(マサキ)@吉祥寺

吉祥寺ショールームでお客様への説明・オーダー家具の相談を承っています。 木の家具のことならどんなことでもお気軽にご相談ください。


Facebook

Twitter

google+

Pinterest

Instagram

Instagram