無垢テーブル・無垢家具でやすらぎある暮らしをはじめよう ソリウッド・プロダクツ株式会社

facebookアイコン twitterアイコン instagramアイコン pinterestアイコン
無垢テーブル・無垢オーダー家具のソリウッド・プロダクツ
電話番号0422-21-8487メールアドレスinfo@soliwood-crafis.com

↑無垢材テーブル選び方講座を開催します。

年末の大掃除のついでにオイル仕上げのテーブルメンテナンスガイド【No.1768】

12月も半ばになり、年末の雰囲気がでてきました。時が経つのは早いものです。12月になると毎年そう感じます。12月といえば、一年の汚れはキレイにする大掃除に明け暮れるという方も少なくはないでしょう。普段、あまり掃除をすることがない網戸などを掃除することもあるでしょう。オイル仕上げのテーブルをお使いの方には、大掃除の時期を利用して、テーブルのメンテナンスをすることもオススメします。そこで、今日は年末の大掃除のついでにオイル仕上げのテーブルのメンテナンスをしてしまおうと思っている方への完全ガイドをお送りします。


メンテナンスに必要なものは以下になります。


・家具用オイル

→ソリウッドのテーブルをお買い上げの方にはリボスオイルを一ビンおわけしていますが、まだ残っている場合はそちらをご使用ください。ない場合は、ホームセンターで同様のオイルが販売されています。ソリウッドで使っているのはリボス社のアルドボスいう商品ですが、必ずしもリボスオイルでなくても大丈夫です。ただし、着色成分が入っているものは色ムラの原因にあるので、クリアタイプのものをお使いください。しばらく、放置していた場合、オイルの成分が沈殿して、底に固まっている場合があります。そのときは良く振って、撹拌させてからご使用ください)


・ウエス

 →オイルを浸して、テーブルに塗るための布です。車やバイクのメンテナンスにも使われるもので、綿100%のものをご用意ください。ウエスでなくても、綿100%のTシャツの古くなったものをハサミである程度の大きさにカットしたものでも構いません。繊維がテーブルに残るのを防ぐため、タオルのようなパイル地のものは避けたほうが良いです。


・紙やすり

 →紙やすりには番手と呼ばれる数字が表記されています。この数値は数が少ないと目が粗く、数値が大きくなると肌理が細かくなります。粗いものは削る要素が強く、細かいものは磨く要素が強くなります。テーブルのメンテナンスには#320番のものが最適です。紙やすりには紙状のものとロールで巻かれているものがありますが、ご自宅で使う分いは紙状のもので足ります。


・ゴム手袋

 →これは絶対必要というわけではありませんが、オイルが手に触れるとべたつくのでそれを防ぐためにあると便利です。しっかりしたものでなくても構いません。使い捨ての薄いものでも十分です。紙ヤスリでやするときは、破けることがあるので、ゴム手袋はオイルを塗るときにつけるようにしましょう。


・掃除機

 →紙ヤスリでやすると、細かい木屑がでます。掃除機を予め用意しておくとよいでしょう。


さて、準備が整ったら、メンテナンスをしていきましょう。


1. テーブルの汚れを落とします。

 →水拭きをして表面のよごれを拭き取ります。酷い汚れやインクやペンなどの汚れが落ちない場合は台所用の中性洗剤を少量たらし汚れのある部分を拭いてください。


2. 紙ヤスリで表面をやすります。

 →テーブルの表面が乾いたら、#320番の紙ヤスリで表面を磨いていきます。紙ヤスリをかけるさいは、木目に沿ってかけるようにしてください。木目に直交すると細かい傷が残る場合があるのでご注意ください。


3. テーブル表面の木屑をウエスで拭き取ります

 →テーブルの表面に残っている木屑を乾いたウエスで拭き取ります。木屑が残っているとオイルをキレイに塗ることが出来ないのでしっかりと拭き取ってください。


4. オイルを塗っていきます

20161215 1

 →乾いたウエスに、オイルを浸してテーブル表面に塗っていきます。大量に塗る必要はありませんので、オイルをあまり多く出さないようにしてください。オイルを塗ると、テーブルの表面が濡れ色になり色が変わります。全体にオイルが行き渡るようにして、塗り残しのないようにします。


5. 表面に残ったオイルをウエスで拭き取ります

20161215 3
全てのオイルが木部に染み込んでいくわけではないので、表面に残ったオイルを乾いたウエスで拭き取ります。オイルが残ってしますと、色ムラなどになることがあるのでしっかりと拭き取ってください。


6. あとは触らない、モノを置かないようにして乾かします。

 →オイルが乾くまで触れない、モノを置かない状態でだいたい半日そのまま置いてください。


注意!!!!

 →オイルが染み込んだウエスとオイルを拭き取ったウエスは、水でジャバジャバに濡らしてそのまま生ゴミに捨ててください。オイルが染み込んだまま、置いておくと熱をもち、工場などでは煙が出たり、発火する恐れがあるのでご注意ください。これはオイルを塗った後、すぐに行ってください。


20161215 4

賢木@吉祥寺

樹種の違いは何の違い?【No.1767】

Soliwoodとは

Soliwoodは、無垢の木にこだわり家具作りを行う家具工房です。
オリジナルの家具を神奈川県相模湖工房で製作し、吉祥寺ショールームで販売を行っています。

ソリウッドWebサイト :  http://www.soliwood.com/

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

瑞木(ミズキ)@相模湖

相模湖工房で材の仕入れや板の在庫管理を主に担当しています。

賢木(マサキ)@吉祥寺

吉祥寺ショールームでお客様への説明・オーダー家具の相談を承っています。 木の家具のことならどんなことでもお気軽にご相談ください。


Facebook

Twitter

google+

Pinterest

Instagram

Instagram